[覚えておくと便利なこと] トップページへ
描画処理が重い場合 追跡モードと車窓モード
調整区域の指定
調整区域を指定すると、選択範囲内の自動発展をとめることができ、自分好みの景観をシャッターフレームで切り取ったように保護できます。
また、調整区域の選択範囲内であれば衰退もおきないので、自分の作り上げた経営サイクルを統制し、思いのままの経営戦略を行うことも可能です。

※調整区域指定は、1ブロックの指定・解除に各10万円かかり、
毎月1日に景観の保護費用として、1ブロックで月額100万円、公共投資として計上されますので注意してください。
調整区域を指定する
ゲーム画面右上にあるサイドメニューからサテライトを開きます。

[調整区域]にカーソルを合わせ、○ボタンでチェックを入れます。
チェックあり:調整区域として指定した範囲の発展が停止します。
チェックなし:マップ全体が発展します。

表示された「調整区域設定モード」にチェックを入れ、サテライトマップにカーソルを合わせると、
黄色の十字カーソルが表示されます。
○ボタン+方向キー操作でカーソルを移動させ(移動中は十字カーソルは青色に変わります)、
調整区域として指定したい位置に合わせたら、○ボタンを押します。
指定した位置がブロック単位で青色に変わり、その場所の発展が停止します。

【マウス操作】
調整区域を有効にすると、サテライトマップ上で左クリックした位置が位置がブロック単位で青色に変わり、その場所の発展が停止します。
※この場合、左ダブルクリックでのカメラ位置移動はできません。
 
調整区域を修正する
調整区域として指定した青色のブロックにカーソルを合わせて○ボタンを押す/左クリックすることで、調整区域から外すことができます。
また、[消去]を選択すると、現在指定されている調整区域を全て消去することができます。
Published by STUDIOARTDINK. © 2010-2019 ARTDINK. All Rights Reserved.
※このマニュアルはJava Scriptを使用しています。使用中のブラウザのJava Scriptの設定をオンにしてください。