[遊びやすく設定を変える(Option)] トップページへ
システム ガイドを見る
マップ作成
マップコンストラクションに関する設定を切り替えることができます。なお、ゲーム中は、このオプションを選ぶことができません。
街の自動発展を有効にする
マップコンストラクションを使用中、時間経過とともに街を発展・衰退させるかどうかを設定します。
また、ゲーム中は、この設定のオン・オフに関わらず、街が発展・衰退します。
車両最大数の拡張
オンにすると、[列車]と[バス、トラック]の車両保有数を、それぞれ[20(標準)][40][100][200]の中から選ぶことができます。上限を引き上げることで、本数の足りていなかった地域への増発や、過密ダイヤの再現にも対応できるようになります。
ただし、運行中の列車の数が増えると、描画処理が重くなるので、現在のマップの状況に合わせて、最大数を設定してください。

【列車数を少なくした場合】
車両最大数を少なくした場合、設定した数を超える番号の列車は、撤去・配置などの操作ができなくなります。(※例えば、[100]から[40]にした場合の、「45」や「80」といった番号の列車)
また、再度、車両最大数を増やすことで、操作できるようになります。
時間の拡張(実時間比)
オンにすると、実時間に対するゲーム内時間の進行速度を、[450倍(標準)][120倍][60倍][30倍][3倍]の中から選ぶことができるようになります。(※例えば、[60倍]を選んだ場合、実時間が1秒進む間に、ゲーム内時間は1分進みます。)

設定を変更しても、列車がマップを進むスピードは変わらないので、1日により多くの列車を運行させることができます。
ただし、ゲーム中のデータは、[450倍(標準)]を基準につくっているので、実時間比を変更することで、都市の発展速度や子会社の一日の売り上げといったゲームのバランスは、標準のものとは異なってしまうのでご注意ください。
富士山の表示機能
オンにすると、マップに富士山を表示することができます。
また、東西南北のどの方角に富士山を表示するか指定することも可能です。
プレビュー機能
オンにすると、プレビュー機能を起動することができます。
 →「プレビュー機能を使う」
Published by STUDIOARTDINK. © 2010-2018 ARTDINK. All Rights Reserved.
※このマニュアルはJava Scriptを使用しています。使用中のブラウザのJava Scriptの設定をオンにしてください。