[概要] トップページへ
どんなゲーム? 画面の見方
都市開発のためのヒント
初めて『A列車で行こう』シリーズを遊ばれる方は、「まず何をすればいいの?」「どうすれば街が発展するの?」と感じられると思います。
まずは、以下のステップを参考に、都市開発を進めてみてはいかがでしょうか。

・まず、都市の特徴を確認する

・次に、人の流れ・資材・電力をつくる

・利益を生む方法を講ずる

・資金に余裕ができたら、沿線開発を進める
都市の特徴を確認する
まずは、カメラを移動して、都市全体を把握してみましょう。

【確認のポイント】
・駅の場所
・工場や港など、資材をつくる施設の場所
・建物が多く、人が集まっていそうな場所

また、そのほかにも「資金」「所有している子会社」「都市全体の発電力」などが最初に調べておくと良いポイントです。「都市全体の発電力」は[Report]メニューから、「所有している子会社」は[Market]メニューから調べることができます。
資金については、ゲーム画面下に常に表示されているので、マイナスにならないように、いつも気をつけておきましょう。
人の流れ・資材・電力をつくる
都市の特徴を把握したら、都市を実際に発展させる作業に入りましょう。

街の発展に欠かすことのできない要素に、「人の流れ」「資材」「電力」の3つがあります。
どれか1つでも欠けると都市は発展していかないので、供給できていない場合はすぐに対策を取りましょう。

【人の流れのつくり方】
駅と駅を線路で結び、列車を走らせると、「人の流れ」をつくることができます。
これから人を集めたい駅は、周辺が発展した集客力のある駅と線路をつないであげると、効率よく発展させることができます。
鉄道と同様に、道路・バス停・バスを使っても、人の流れをつくることができます。道路交通は、鉄道に比べて設置コストや運営コストが安いのですが、一度に運べる人の数も少ないです。そのため、駅周辺や沿線の開発など鉄道の補助的な使い方に適しています。

【資材のつくり方】
資材は、駅・線路・道路・資材工場を除いた全ての建物をつくるのに必要です。資材は、資材工場が自動的に生産してくれます。
しかし、工場の敷地内にある資材は、そのままでは使うことができません。貨物列車やトラックを使って、一度、別の資材置場に運び込む必要があります。
また、資材は、港を建設したり、マップ端に線路をつなぎ貨物列車を隣町に走らせることで、隣町から資材を購入してくることもできます。

【電力のつくり方】
電力は、都市の発展に欠かせない要素です。発電所を建設すると、自動的に電力を供給します。供給されていないと夜の街に光がともらず、街に人も集まってきません。
都市全体に必要な電力と、現在の供給電力は、[Report]メニューの[エネルギー情報]から調べることができます。供給電力が足りない場合は、発電所を建設するようにしましょう。
利益を生む努力をする
街を発展させるための作業が一段落したら、次は、利益を生むための方法を考えてみましょう

利益を生むためには、無駄を省く必要があります。交通施設、子会社など、所有している施設の状況を把握して、無駄がありそうな箇所は対応策を検討します。

【乗客数にあった列車やバスを選んでいるか】
基本的に、列車の編成数が多いと運行費用も多くかかってしまいます。列車の最大乗客数に対して、実際の乗客数が極端に少ない場合は、運賃収入が運行費用を下回り、赤字になってしまうことがあります。
その場合は、編成数や列車の種類を変えてみて、支出を減らしてみてください。
また、バスの場合も同様に、赤字の場合はバスの種類を変えてみてください。

【無駄な列車やバスを運行させていないか】
1つの列車やバスの乗客数を朝から夜まで追いかけてみると、乗客の多い時間・少ない時間という、時間による特色が見えてくると思います。特に深夜の乗客数は他の時間帯に比べて少ないので、まずはその時間帯に列車やバスを走らせないようにするだけでも、支出を軽減することができます。

【過剰に資材や電力を供給していないか】
資材工場・発電所は、実際に資材や電力を売ることで収入を得ます。そのため、過剰に生産してしまった場合は、生産コストだけが余分にかかってしまうことになります。
工場や発電所は、都市に必要な数を考えて建てるようにしましょう。

【子会社の売り上げは出ているか】
子会社は、資材工場や発電所と違い、売却することができます。
所有している子会社が赤字続きの場合は、思い切って売却するのも1つの赤字解決法です。
沿線開発を進める
資金に余裕ができてきたら、駅周辺や沿線の開発にも踏み込んでみましょう。

駅周辺や沿線の開発を進めるには、子会社の建設が効果的です。
駅周辺に子会社を建設すると、その施設を目当てに人が集まります。その集まった人たちを目当てに、新しい施設が他社によって建設されます。すると、駅の集客力はさらにアップし、より多くの人が集まってきます。

この過程を繰り返すことで、駅周辺や沿線、果ては都市全体が大きくなっていきます。
Published by STUDIOARTDINK. © 2010-2018 ARTDINK. All Rights Reserved.
※このマニュアルはJava Scriptを使用しています。使用中のブラウザのJava Scriptの設定をオンにしてください。