G
N
I
D
A
O
L
街づくりの要は鉄道です!
まずは車両をあなた好みに!
あの車両があなたの街に!
どの車両を選ぶ?
新幹線も選べちゃう!
あの車両も!この車両も!?

きほんの遊び方

鉄道会社の社長として交通網を整備することで、
住民や観光客を増やし、街を発展させていきます。
人々を運ぶのは、あなたがカスタマイズしたオリジナル鉄道車両。
観光地に合わせた列車を走らせて、風景を演出できます。

パーツやステッカーで、細部までカスタマイズ

ひろがるの遊び方

憧れのあの列車を、自分の街に走らせましょう!
なじみ深い通勤電車から風情のある観光列車や新幹線まで、
日本各地を実際に走行している全33車両を収録します。
鉄道車両を走らせる楽しさがひろがります!

実在する全国の観光列車、新幹線などが追加

実在旅客列車

日本全国を走る旅客列車総勢29車両が、あなたの街を駆け巡ります!
プランから実在車両の設計図を手に入れて、新しい列車を購入しましょう。

車両は今後、ARTDINK公式Twitter(@artdink_tw)にて順次公開いたします。アカウントをフォローの上、発表をお楽しみに!

  • ※実在車両はカスタマイズできません。
  • ※実物の車両とは、デザイン・仕様が異なる場合がございます。

実在新幹線

観光客をたくさん運んでくれる新幹線でも、実在の3車両を使用できます。

さらに、あの「黄色い新幹線」がごく稀に走行することも!?
新幹線を誘致したら、ぜひ観察してみてください。

収録車両一覧

50000系 しまかぜ(近畿日本鉄道)

「乗ること自体が楽しみとなる」鉄道の旅を提供する観光特急車両です。志摩に吹く風の爽やかさをイメージして命名されました。カフェ車両では沿線の地ビールなど食事を提供。バリエーション豊かな客室で様々なニーズに応え、新しい風を呼び込みます。

紹介動画

キハ261系 特急北斗(JR北海道)

特急「北斗」として運用されている特急気動車です。北国に降り積もる雪のようなホワイトに水平ライン基調のデザインは「雄大な大地」を表現したもので、菜の花畑を想起させる前面のイエローは警戒色として視認性を向上させています。

紹介動画

キハ40系 ながまれ号(道南いさりび鉄道)

道南いさりび鉄道がJR北海道から譲り受けたキハ40気動車を改装した車両です。「ながまれ」は道南地域の方言で「ゆっくりして」を意味します。普段は定期列車として運用されていますが、観光団体用に「道南杉のテーブル」で食事を楽しめるツアー列車にもなります。

紹介動画

1080形 琴平線(高松琴平電気鉄道)

初期に製造された京浜急行電鉄1000形を改造した車両です。香川県内の要所を結ぶ高松琴平電鉄は日本各地より譲り受けた旧車両が走る「動く電車の博物館」と呼ばれています。この車両は、「乗れる展示物」ということになります。

紹介動画

ロマンスカーGSE(小田急電鉄)

「優雅な」という意味を持つ「Graceful」を冠したロマンスカーです。最大の魅力は車内からのダイナミックな眺望。ロマンスカーの象徴である展望席の前面窓には大型の1枚ガラスが使われています。側面は高さ1mの連続窓で、どの席でも箱根に続く時間を楽しめます。

紹介動画

3000形・3100形
アレグラ号(箱根登山鉄道)

100年を超える山岳鉄道としての歴史の積み重ねと現代的な雰囲気を併存させ、箱根の風景に溶け込むことをコンセプトとした車両です。雄大な自然と急曲線の走行シーンを間近に体感できるよう、従来車両より大きな窓ガラスを採用。車両側面に展望窓も設置されています。

紹介動画

1000系(阪神電鉄)

阪神なんば線から近鉄線への乗り入れに対応した急行用車両です。車体をステンレス化して無塗装とすることで環境に配慮するとともに、レーザー溶接構体を採用して見付と構体強度を向上させています。全車両に車いすスペースが設置されたバリアフリー仕様です。

紹介動画

6500系(神戸電鉄)

6000系を継承しつつ、積極的に新型機器を採用することで環境面、安全面、サービス面の「やさしさ」を追求した車両です。有馬線、三田線、粟生線、公園都市線など、神戸電鉄の全線に対応するために3両編成で運用しています。

紹介動画

3000系(京阪電気鉄道)

大阪市内を走行する中之島線開業のシンボル、そして次世代のイメージリーダーとして新造された車両です。京都と大阪を結び、豊かな文化・風情に彩られた沿線のイメージを守りながら走る「プレミアムカー」。愛称は「コンフォート・サルーン」です。

紹介動画

7000系
京とれいん 雅洛(阪急電鉄)

阪急京都線「大阪梅田~京都河原町間」を運行する観光列車で、「雅な都=京都」へ向かう意味を込めて名付けられました。1両ごとにモチーフとなる季節が設けられ、車内には枯山水の庭や窓向きの座席など、特徴のある車内デザインが施されています。

紹介動画

2700系(JR四国)

四国の要所を繋ぐ「南風」「しまんと」「あしずり」「うずしお」等として活躍する特急形気動車です。130km/hの最高速度を誇り、制御付自然振子方式で軽量・低重心化を実現しています。外観は日本の伝統意匠をアレンジした「ネオジャポニズム」がコンセプトです。

紹介動画