株式会社 アートディンク
アートディンク / 会社案内 アートディンク / 製品情報 アートディンク / 受託開発 アートディンク / 採用情報 アートディンク / 通信販売 アートディンク / お問い合わせ
通信販売TOP
インストール方法
A列車で行こう8
都市開発鉄道シミュレーション
4,800円(税別)
『A列車で行こう』シリーズの基本、"都市開発鉄道シミュレーション"はそのままに、街を完全3D化。
画面上に都市を美麗に描き出します!『A列車で行こう8』では、マウス操作だからできる“街を操る感覚”と、
“街を見渡す感覚”を、存分に味わうことができます!
<PCだからできる、フル3Dの『A列車で行こう』>
『A列車で行こう8』では街並みがフル3Dで再現され、より美麗に、よりリアルになりました。
また、3Dになってもマウスを使えば、カメラやレール敷設を簡単に操作することができます。
コンシューマーゲーム機では味わうことのできない操作感と、高精細モニタ、ハイスペックPCで描かれた
都市の美しさを、ぜひご堪能ください。
<10種類のマップ+マップコンストラクションを標準搭載>
『A列車で行こう8』では10種類のマップのほかに、自分だけのニューゲームデータを作成できる
「マップコンストラクション」を標準搭載。高層ビルや道路など、『A列車で行こう8』に登場する
すべての建物を建設できるのはもちろん、マップの基礎である「地形」も自由自在に変形させることができます。
<収録車両は200種類!>
JRや私鉄など、実在するものも含めて、200種類の車両を収録。編成は最大7両まで組むことができ、
また、それぞれの車両に通勤型や特急型などの特徴を持っているので、
さまざまな用途に合わせて車両を配置することができます。
<鉄道運営について>
いままでのシリーズ同様、レール、ポイントを駆使して、駅から駅へと列車を導けば、人の流れが生まれ「鉄道」が街を発展させます。サイディング、シングルクロス、ダブルクロスなど、多種多彩なポイントを組み合わせることで、さまざまな路線を設計できます。またもちろん、高架レール、地下レールの建設も可能。
プレイヤーの思い描く理想の線形を建設することができます。
■動作環境
対応OS Windows 10 / 8 / 7 / Vista / XP / 2000(日本語版)
対応CPU Pentium4 2GHz以上(推奨:Core2Duo E8400以上)
必要メモリ [Windows2000/XP] 512MB以上(推奨:1GB以上)
[Windows Vista] 1GB以上
HDD空き容量 1GB以上
ディスプレイ 1024×768もしくは1280×720ピクセル以上(推奨:1920×1200ピクセル)
VRAM 128MB以上必須(推奨:256MB以上)
ビデオカード GeForce 6200以降(推奨:GeForce 8600GT以降)
RADEON 9500以降(推奨:Radeon HD 2600 XT以降)
サウンド Direct Sound対応
入力機器 キーボードおよびマウス
DirectX9.0c以上が完全に動作する機種のみご使用できます。
DirectX9.0cに関しては、お客様が使用しているPCメーカーにお問い合わせください。
DirectX9.0cが動作しない機種での動作保証は致しかねます。
ご購入の前に、一度、ベンチマークソフトを使い、起動を確認することをお勧めします。
鉄道車両製作協力
北海道旅客鉄道株式会社 東日本旅客鉄道株式会社 西日本旅客鉄道株式会社 四国旅客鉄道株式会社 九州旅客鉄道株式会社 日本貨物鉄道株式会社 叡山電鉄株式会社 小田急電鉄株式会社 近畿日本鉄道株式会社 京王電鉄株式会社 京成電鉄株式会社 京阪電気鉄道株式会社 京浜急行電鉄株式会社 首都圏新都市鉄道株式会社 西武鉄道株式会社 東京急行電鉄株式会社 東京地下鉄株式会社 東武鉄道株式会社 名古屋鉄道株式会社 南海電気鉄道株式会社 西日本鉄道株式会社 阪神電気鉄道株式会社 広島電鉄株式会社 北越急行株式会社 東京都交通局 大阪市交通局 福岡市交通局 商品化許諾済
A列車で行こう8
都市開発鉄道シミュレーション
4,800円(税別)
(C) ARTDINK. All Rights Reserved.